株式会社ファーストキャリア (FIRSTCAREER)
ファーストキャリア
ファーストキャリア

REPORT各種レポート

インタビューレポート:リモート環境下における現場の育成/ ハイブリッドな“つながり”が関係改善を生み出す(早稲田大学 村瀬准教授)

レポート概要

コロナ禍において、各社における「リモートワーク」は一気に加速し、これまでの「コミュニケーションのあり方」を大きく変えざるを得ない状況に追い込まれました。特に、現場において指導的な立場・役割を担っている方々は、「部下の指導・育成」において、手探りで様々な取り組みを行っていると思います。
緊急事態宣言も明け、新たな「働き方」が志向されるようになってきた中、改めて「現場の育成」について、今後どのように取り組んでいくべきか、前回(「若者の力」を「組織の力」へつなげていくために考えるべきこと”)に引き続き、リーダーシップ・チームワークの研究を専門とする早稲田大学村瀬准教授にお話を伺いました。

◆プロフィール
村瀬俊朗(むらせ・としお)
早稲田大学商学部准教授。1997年に高校を卒業後、渡米。2011年、University of Central Floridaで博士号取得(産業組織心理学)。
Northwestern UniversityおよびGeorgia Institute of Technologyで博士研究員(ポスドク)をつとめた後、シカゴにあるRoosevelt Universityで教鞭を執る。
2017年9月から現職。専門はリーダーシップとチームワーク研究。

資料の目次

  • はじめに / プロフィール
  • リモートワークによって失われたコミュニケーション
  • 目指すは“主体的”かつ“ハイブリッド”なコミュニケーション
  • 参考資料
photo

レポート詳細を確認する方は、以下の必要事項をご記入ください。

    お名前
    会社名
    職種
    電話番号
    メールアドレス
    資料の用途

    個人情報の取扱いについてにご同意の上、送信する

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
    Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。