株式会社ファーストキャリア (FIRSTCAREER)
ご質問やご相談はこちらお問い合わせ
ファーストキャリア

REPORT各種レポート

「2022年卒の内定者施策」に関する実態調査 結果レポート / 2021年6月~7月調査

レポート概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                  
オンライン時代の内定者施策は
「入社前の愛着形成」と「早期オンボーディング」に注力できるかが鍵

~2022年卒の内定者施策に関する実態調査 結果レポート~
(調査期間:2021年6月25日 ~ 7月8日/有効回答数:197件)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コロナ禍も2年目。企業には“ニューノーマル”な経営に引き続き取り組む
ことが求められており、採用活動や内定者向け施策もオンラインへの
シフトが進んでいます。

このような状況の中で行われる、
「内定者のリテンション」や「入社前教育」などの施策も
コロナ禍以前の対面を前提とした“ノウハウ”が通用しなくなっています。

学生にとっての就職活動は、企業とオンラインで繋がりながら進めるのが
もはや「当たり前」になっています。その一方で、企業側の施策や対応は
現状に即した最適なものに変えられているのでしょうか?

本稿では、若手層向け教育・研修ソリューションを提供する
株式会社ファーストキャリアが、HRプロで人事責任者・担当者に向けて
実施した「2022年卒の内定者施策に関する実態調査」の
結果をまとめました

“ニューノーマル”な時代に各社が、内定者に何をもとめているのか、
また、何を目的にどのような施策を行っているのかを考察しています。

資料の目次

  • 1)内定者との接点は、やはりオンラインが当たり前になりつつある
  • 2)内定者向けの施策は「複数同時+入社前に基本的な検収は完了+実戦的」
  • 3)力を注ぐべき重要テーマは「エンゲージメント形成」
  • 4)入社前に“自律的”に「身につけてほしいスキル」とは?
  • 5)オンラインによる内定者施策の難しさを訴える声
photo

レポート詳細を確認する方は、以下の必要事項をご記入ください。

お名前
会社名
職種
電話番号
メールアドレス
資料の用途

個人情報の取扱いについてにご同意の上、送信する

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、
Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

CONTACT

各種ご質問やご相談については
下記よりお問い合わせください。