若手社員が語るファーストキャリアの仕事の魅力
若手のキャリア育成支援に特化したコンサルティングファームであるファーストキャリア。
その仕事内容や働く醍醐味とはどのようなものなのでしょうか。
新卒で入社した若手社員3名が、入社動機や仕事のやりがい、受注案件にまつわるエピソード、
今後の目標に至るまで幅広いテーマで語り合いました。
深谷 真由
営業本部
文学部 日本文学科卒 2017年入社
首都圏を拠点とする大手企業の人材育成支援を担当。人材の育成・開発においてお客様が抱えている問題の本質を見極め、その問題の解決につながる提案を行うよう意識している。
北川 拓海
営業本部
文学部 文化史学科卒 2018年入社
大手商社や部品メーカーをはじめ、首都圏の大手企業を中心に若手社員のキャリア形成支援を行っている。お客様自身が気付いていない潜在的な課題を引き出すよう心掛けている。
小泉 あやめ
営業本部 関西支社
文学部 英文学科卒 2018年入社
関西圏の製薬会社や精密機器会社など幅広い業界を担当。先輩から引き継いだ既存顧客のほか新規開拓も手掛ける。お客様との意見交換の際は、若手の視点を交えた提案をするよう努めている。
人材・組織開発への強い興味が
ファーストキャリアを知るきっかけに。
数あるコンサルティングファームの中からファーストキャリアを選んだ決め手を教えてください。
北川------------
学生時代から人や組織を良くしていける仕事に携わりたいと思っていました。ファーストキャリアを選んだ一番の決め手は、若手のキャリア育成支援に特化していることです。若い時期に働く醍醐味やおもしろさに気付いた人は、その後の人生もポジティブに働けると思うので、その点に貢献できる仕事がしたかったです。
小泉------------
人材系の業界を志望していたので人材派遣会社のインターンシップに参加したのですが、私が思い描いていた人材系の仕事とはギャップがあると感じました。その違和感を就職コンサルタントの方にお話したところ、紹介していただいたのがファーストキャリアでした。事業内容を詳しく知って、自分がしたかった仕事はこれだと確信できたので入社を決めました。
深谷------------
就職活動を始めたばかりの頃は幅広い業界を見ていましたが、人材系の企業のことを調べる中で組織・人材開発支援というビジネスモデルがあることを知りました。「人のキャリアや人生にプラスの影響を与えられる仕事って素敵だな」と思い、それからはコンサルティングファーム一本に絞って就職活動を進めていましたね。ファーストキャリアを選んだ最大の理由は、実際に職場で社員の方と接して「この会社で働きたい」と感じたからです。
小泉------------
ということは、事前に職場見学をされたんですか?
深谷------------
そうですね。面接で会話が弾んで、その際に「ぜひ社内を見てみたいです」とお願いすると快く応じてくれました。自分の目で職場を見て、社員の方々の仕事に対する想いに触れて「コンサルティングファームで働くなら絶対にこの会社がいい」と思ったんです。
北川------------
それほどの強い思い入れがあったんですね。
深谷------------
もしファーストキャリアに入社できていなかったら、コンサルティングファームへの就職そのものを諦めていたと思います(笑)。
早期から大きな裁量権を託されるが放任ではない。
フォローが手厚く成長の機会も多い。
ファーストキャリアの特徴や、働くやりがいについて教えてください。
北川------------
まず、良い意味で規模が小さい点が挙げられます。30人規模の会社なので、自分ひとりの存在が会社に与える影響がすごく大きいんです。
深谷------------
私も同感です。規模の大きい会社よりも一人当たりの担当範囲が広いので成長の機会も多いです。これだけ聞くと「若いうちからキャパを超えた仕事を任されるのかな」と思うかもしれませんが、決してそういうことではなくて。
北川------------
そうですね。自分のやりたいこと、自分がこう思う、という意見や提案は尊重してくれますが、どうすれば実現できるのか、それが本当にお客様や周囲の人のためになっているのか、上司や先輩が共に考え抜いてくれます。具体的なフォローやフィードバックがいただけるので、自分としても責任感が増し、やりたいという気持ちが増します。
小泉------------
難易度の高い仕事でも「任せたぞ」と背中を押してくれるのは嬉しいです。ただ、任せっぱなしということではなく、自分の一挙一動にどんな目的意識があるのかについては常に問われますし、目的意識を伴わない発言や行動には厳しい指摘が入ります。指摘してくださった上で「もっとこうできるんじゃないか」と導いていただけるので本当にありがたいですね。
深谷------------
そうした指摘を受けながら経験を重ねるうちに、お客様のために何をしなければならないか、その本質が見極められるようになります。すると、次第にお客様にとってより有用な提案をより迅速に行えるようになっていきます。段階を踏んで成長できていることを実感しますね。
受注とそこに至るまでの過程、
その両方がかけがえのない財産になる。
これまでに受注した案件の中で、特に印象に残っているものは何ですか?
深谷------------
入社1年目のときにご提案した、運輸業界大手のお客様に対しての新入社員研修が印象に残っています。他社との競合だったので非常に難しい案件でしたが、どこまで内容を嚙み砕けば受講者の心に響くのかを練り上げ、提案に落とし込んでいきました。
北川------------
そのときのお客様の評価や反応はどうでしたか?
深谷------------
最初の頃の評価は競合他社と横一線だったと思います。ですが、提案をブラッシュアップするにつれてお客様の共感が増していくのがひしひしと伝わってきました。それだけに受注できたときは本当に嬉しかったですね。
北川------------
私は、入社して初めて受注した案件が一番印象に残っています。そのお客様は入社1年目の社員に対するフォロー研修の内容に課題を持っておられました。1年目の社員に求めるレベルが、同社の新入社員のポテンシャルを考えるとやや低いと感じたので「本当に今の内容でいいんでしょうか?」と問いを投げかけたのが案件の発端です。
小泉------------
この北川さんのケースに代表されるように、多くの案件はお客様への問いかけから始まりますよね。その後、具体的にどう案件を進めていったんですか?
北川------------
ある著名なコンサルタントの方にも案件に入っていただき、まずお客様が1年目の社員に求める理想をヒアリングし、ディスカッションをしました。その結果、これまでの研修は現状の現場の問題を解決するものにはなっているが、理想の人物像を実現するためのものにはなっていないことがわかりました。本当にお客様が求める理想は何なのか、それを叶えるソリューションは何なのか、議論を重ねて提案をさせていただき、受注にいたりました。研修には私も立ち会ったのですが、受講者の表情や雰囲気が受講前後で一変していて「人が変わるってこういうことなんだ」と実感しました。
小泉------------
私が特に印象に残っているのは、タイヤ業界大手のお客様に新規で受注した案件です。研修のご要望はあったものの、ヒアリングを通じて、そもそもお客様が理想とする人材像が少し不明瞭だと感じたので、まずはお客様自身も気づいていない理想の人材像の抽出や、人材課題の整理から始めました。整理したことで、今本当に着手すべき課題が明確になり、その解決のためのソリューションをご提案しました。
北川------------
ここまで聞いている限りでは、かなり議論を重ねたんですね。
小泉------------
はい。本当にこれで大丈夫かなという不安は常にありました。入社して初めてアポイントからヒアリング、受注に至るまでを自分が中心になって手掛けた案件でもありましたし。受注のご連絡をいただいた直後は、喜びよりも安心感の方が大きかったです。むしろ、上司や先輩たちの方が喜んでいたくらいで(笑)。
深谷------------
そういえば、関西支社を挙げて「祝☆初受注」というメッセージ入りのケーキでお祝いをしてくれたんですよね。そのときの写真を私も見せてもらいましたが、みんな笑顔で雰囲気も温かくて素敵な写真でしたね。
小泉------------
はい、本当に。あのお祝いの場で、ようやく受注の喜びを自分事として実感できました(笑)。
まずは確かな地力をつける。
そして、それぞれのチャレンジへ。
今後の目標や目指す人物像、やってみたい仕事について教えてください。
深谷------------
今は未来よりも目の前のことに集中したいと思っています。というのも様々な案件を経て、大きな理想を描いてもそれを実現できる土台を築けていないと痛感したからです。まずは今できないことを一つひとつできるようになって、それに伴う成果を周囲の人に認めてもらうことが目標です。
小泉------------
いずれは、お客様の育成体系の確立や整備に携わりたいと思っています。これまでにお客様と接する中で、育成体系が確立できていない企業が意外に多いと感じたからです。ただ、この問題はお客様の組織の在り方にも関わることなので、まずは深谷さんと同じく今できないことを一つひとつできるようになり、着実に地力を付けることが不可欠だと感じています。
北川------------
私も当面は自身の成長に励みたいと思っています。その上でこの先チャンスがあれば、採用と育成をつなぐ領域の仕事にチャレンジしてみたいです。現状、採用もしくは育成を主事業にしている会社はあるのですが、採用と育成をうまくつなぐ会社がないと思っていて、弊社代表の瀬戸口もそうした話をよくしています。人材の採用から内定者時代、新入社員時代の育成に至るまでをトータルでプロデュースできるようになれば、よりクオリティの高い人材開発支援ができるのではないかと考えています。