社内研修の質向上に向けた共創

社内研修の質向上に向けた共創

状況Situation

クライアントの背景

かねてより「内定者研修」「新人研修」を内製で実施していたが、内容のブラッシュアップを検討していた。

ただ、社内のリソースだけでは実行できる改善も少なく、満足した取り組みが行えないと判断されたため、外部パートナーの会社を探すことになっていた。

ただ「資料を作成してくれる業者」ではなく、自社の事を深く理解し、長く・深く付き合える「ビジネスパートナー」と改革を進めようとしていた。

解決のポイント

POINT1

「若手の専門家」としてこれまでに積み上げてきた様々な実績をベースにお客さまとの議論を展開。豊富なたたき台をもとに議論を行うことができ、スピード感を伴って、着手することができた。

POINT2

伝えるべき本質的なメッセージは残しつつも、「●●社流」のエッセンス・こだわりを融合させていくことができた

POINT3

全ての研修内容についての「一貫性 / 連続性」を保ち、継続学習・経験学習の仕組みを作り上げることにもつなげられた

ファーストキャリアだからできたことPossibility

会社の実状に合わせて、4種類・6日間分の「ビジネスパーソンとしての基礎」を築くコンテンツを作成、納品。

ベーシックな要素を網羅しながらも、自社流のエッセンスが随所に盛り込まれた研修資料を創り上げることが出来た。

ページ上部へ戻る