若手育成フォーラム2014

若手育成フォーラム2014

実施概要

日時 2014年9月18日(木)13:30-17:30
場所

『THE GRAND HALL』

東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 3F

(JR 品川駅、港南口よりスカイウェイにて直結[徒歩3分])

http://tg-hall.com/access/

参加対象 人事、採用、人材育成の企画ご責任者、又は各部門の人事ご責任者
定員 120名
参加費 無料

開催趣旨

日本経済の景況感に改善の兆しが見られる中、企業における人材育成戦略は大きな転換点を迎えています。経営サイドからの投資余力の向かう先は、グローバル化、戦略的M&A、事業再編、R&D強化に加え、設備投資、ファシリティマネジメントなど広い分野に及んでいます。その中で人材への投資は採用とリテンション(雇用・処遇改定)にシェアが割かれており、従来からある階層教育・育成は新たな課題形成が求められております。

若手育成に特化した当社が頂戴する課題も、入社した若手人材の早期戦力化だけでなく、グローバルマインド・スキルへの対応、内定辞退防止に端を発したコミュニケーションスタイル改善、メンタリング環境の再構築、若手女性社員の長期的キャリア構築、管理職・組織長を目指す若手作りなど、テーマが多様化してきました。

そこで、今開催で10回目を迎える弊社「若手育成フォーラム」では、若手人材育成ご担当者様が「今そしてこれからの課題について対話し、テーマを共創していく場」に進化させていきます。一演者、一企業からの講演に留まることなく、多分野から専門家、企業様の「人材育成に対する想い」や「具体的取組内容」をリレー形式でお送りいたします。また、パネルディスカッションでのテーマ深堀や参加者の皆様同士での対話を通じて、各社様の「人材育成課題を再構築・再定義」する場にして参ります。

プログラム

第1部: 13:30-15:00

「特別基調講演:「見えない山を登る」全てのビジネスパーソンへ」

栗城 史多 様

•見えない山を登る、全ての人たちと冒険を共有する登山家
•1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8000m峰三山を単独・無酸素登頂
•2009年からは『冒険の共有』としてのインターネット生中継登山を始める。『冒険の共有』は夢を否定せず、新しい挑戦を生み出すことを目的とし、その活動が口コミで広がり、年間70本の講演を全国各地、また海外でも行う。
•エベレストには、気象条件の厳しい秋季に単独・無酸素で4度挑戦。現在は2012年秋にエベレストで負った凍傷の治療を続けながら、次回のエベレスト挑戦を目指す

第2部: 15:15-16:25

「リレー講演: 若手育成に込める想いと終わることなき挑戦」

積水化学工業株式会社 CSR部 人事グループ 人材開発担当課長 中川雅博 様

田辺三菱製薬株式会社 人事部 人材育成室 部長 佐々木弘明 様/辻美佐子 様

日本生命保険相互会社 人材開発室 課長補佐 吉川悠人 様

各業界・各社における「若手人材開発・育成」における課題と、それに対するソリューションの展開事例を、リレー形式講演にてお伝えして参ります。

第3部: 16:35-17:30

パネルディスカッション:今、人材開発担当者に求められるものは?

コーディネーター:株式会社ファーストキャリア

代表取締役社長 若鍋孝司

 当社は「人の成長を偶発から必然に変える」をミッションとし、真の新入社員・若手社員育成を実現すべく、これまで数多くの企業様との二人三脚での取組みに携わらせていただきました。昨今は、人事担当者様・部門教育担当者様が抱える“若手人材開発・育成の課題”が非常に多岐に渡るようになり、その業容・悩みも非常に裾野が広いものとなっております。
 今、業種・業界の壁を超えて叫ばれている“若手人材育成の課題”について、旬なテーマを取り上げながら、弊社クライアント企業の人材開発・育成担当者様をパネラーとしてお招きし、会場一体の双方向ディスカッションを交えながら「若手人材育成に関わるわれわれに求められるもの」の“次”を見出して参ります。

お問い合わせ先

株式会社ファーストキャリア

若手育成フォーラム担当

瀬戸口 航(せとぐち わたる) / 山岸 優香(やまぎし ゆうか)

TEL: 03-3440-0013 FAX: 03-3440-0014

E-mail: wakateikuseiforum@firstcareer.co.jp

お申込み

本セミナーは終了いたしました。

ページ上部へ戻る