社員が語る会社のこと
企業の若い力を育てるということは、企業の未来をつくること。
さらにそれは、社会を活力に溢れたものに変えること。全社員が会社についての“あれこれ”を語りました。
チームで働く
ことについて
社員イメージ

チームを組織の中の
機能ではなく居場所へ

チームを組織の中の機能ではなく居場所へ

今年度から初めてマネージャーとしてチームを持つことになりました。
私がマネージャーとして創っていきたいのは、“年次関係なく良い意味で互いに依存し合えるチーム”です。チームというと、マネージャーがメンバーの上に立ち、メンバーを引っ張りながら目標数字に向けてまい進するイメージをするかと思います。 私が持つ目指したいマネージャー像はメンバーの上に立つのではなく、個人の強み特性を引き出し、チームの可能性を拡げていける人物です。
メンバーそれぞれがチームという組織の中での役割(居場所)を持ち、私も含めて、お互いに良い意味で依存し合える関係を作っていきたいと思います。
社員イメージ
講師との
エピソードについて
社員イメージ

講師は共創のための、
最高パートナー

講師は共創のための、最高パートナー

ファーストキャリアにとって、欠かせないパートナーである講師の皆さん。「受講者にとって、意味のある研修を提供したい」という共通の想いを、どのように具現化していくかとことんディスカッションし、研修当日も状況を見ながら、共に研修を創っていきます。私たちのバリューである、『目的にのみ忠実であれ。手段は無限にある』を共に体現していただける、大切な存在です。ディスカッションは白熱することも少なくありません(笑)。ですが、それだけ真剣に向き合っていただけるのは、とても幸せなことだと日々感じています。私たちは講師の1番のファンであると同時に、私たちも講師に選ばれる存在であり続けたいです。
社員イメージ
社員イメージ
全社イベントをやって
よかったと思うこと

ベストプラクティス

ベストプラクティス

全社イベントをやって良かったことは、ベストプラクティスです。
ベストプラクティスとは、今年1年間の自身のシゴトの中で、他のメンバーに共有したいこと、かつその活動を通じて得た提言したい示唆を一人一人が発表する機会です。
何が良いかというと、自分自身の成長も他人の成長も実感できるところです!
「昨年よりもさらにシゴトレベルが上がってる!成長してる!」と全員に対して思うんです。
これってすごくないですか?それから何よりも、皆イキイキとした良い顔で発表しているんです。そんな顔を見て、「もっと頑張ろう!」と刺激をもらいますし、そんな仲間と働ける誇りを改めて感じる貴重な機会です。
社員イメージ
プライベート
過ごし方
社員イメージ

“おうち”でも人材育成、
企画・推進業務

“おうち”でも人材育成、企画・推進業務

私には5歳の娘と2歳の息子がおりますが、子どもたちとの遊びの中にも仕事で学んだコミュニケーションスキルを存分に駆使しています。子供たちの「これやりたい、あれやりたい」に対応しつつ、成長スピードの早さを楽しんでいます。自転車の乗り方、なわとびの跳び方など、子供相手にどう伝えれば良いか、頭を使っています。
また、私を含め家族全員が穏やかに暮らしていくためにも、「家事、ご近所づきあい」等様々な場面で仕事で培ったスキルを活かしながら、父親として役割を発揮しています。自分で上手く工程を組んで考えて、実行して、支援して、スムーズにできた時は、地味に達成感があります。食器洗いや洗濯を干したりするスピードは相当早くなりました。
社員イメージ
社員イメージ
全社イベントをやって
よかったと思うこと

成長を感じられる
大好きな時間!

成長を感じられる大好きな時間!

全社イベント内で特に好きな時間は「ベストプラクティス」です。
1年間の各々の成果を共有し、今後も大切にし残すべきシゴトのスタンスや、お客様との関わり方について示唆を見出します。
お客様と接する機会が無い内勤の私が、営業メンバーの発表を聞いて「自分の仕事も繋がっている」と実感でき、熱い想いに触れて「私も頑張ろう」と刺激を受ける貴重な場です。
また、事務職だとなかなか「成長」は実感しづらいですが、発表時間があるため言語化する必要に迫られます(笑)少々苦戦しますが、言語化してみると「一年ちゃんと頑張ってたんだな」と自分を承認でき、「来年は何を発表できるかな?」と次を見据える良い機会となっています。
社員イメージ
社員イメージ
ファーストキャリアには
どんな社員が多いか

何事にも全力で
カッコいい!

何事にも全力でカッコいい!

ファーストキャリアの社員は、出身地や性格、趣味や休日の過ごし方などは人それぞれ全く違いますが、それを相互に尊重してくれる人ばかりです。
更に共通点をあげると、何事に対しても「一生懸命・全力」な姿勢があげられます。仕事やお客様に対してはもちろんですが、「遊び」や「趣味」、「家族」といったプライベートでも全力を尽くしている人が多い印象です。お客様のことを突き詰め、自分自身のことも突き詰め、何事にも全力で取り組む「カッコいい」社会人ばかりですよ。入社されたあかつきには、皆さんの一生懸命に頑張っていることを是非教えてくださいね。
社員イメージ
社員イメージ
チームで働くこと
について

チームでやるから
仕事は楽しくなる

チームでやるから仕事は楽しくなる

ファーストキャリアの面白さは、チームで仕事をすること。社内はもちろん、社外の講師、お客様も一つとなり、受講者に「心を揺さぶる」場を提供できるようにディスカッションを重ねています。自分1人の力でできることは少ないけど、チームで仕事をするとその力は2倍にも5倍にも10倍にもなります。そこを何倍にできるかは、営業担当の力にかかってますが(笑)。関係者全員が同じ船に乗って、オールで漕ぎ、どんどんスピードを出す。これはチームだからこそできることで、チームだから楽しんでできると思っています。
社員イメージ
社員イメージ
自己啓発支援制度
やったこと・成果

“本気で”成長したいと思える
仕事ができる場所

“本気で”成長したいと思える仕事ができる場所

ファーストキャリアではお客様の期待を越えるため「自己啓発支援制度」という会社のお金で好きな教育を受けられる制度があります。
私は制度を利用し、3か月間に亘りビジネススクールで「論理的思考力」を鍛える講座を受けました。中途入社の私は「一流のお客様」と「百戦錬磨のコンサルタント・講師」の間で仕事をする「楽しさ」と同時に「思考力不足」を痛感しました。仕事をしながらビジネススクールに通うのは、めっちゃ大変でしたが(笑)最後までやり抜いたのはこの仕事が魅力的だったからだと思います。“本気で成長したい”と思える仕事ができるファーストキャリアは私にとって最高の会社です!
社員イメージ
入社してから
一番変わったこと
社員イメージ

どこを見て
仕事をするのか?

どこを見て仕事をするのか?

入社して一番の変化は、「目的志向」で行動するようになったことです。日々のメールや商談ひとつにおいても、何のために?どんな状態になれば達成か?を問われると実感しております。それを忘れると、お客様の要望を汲み取れない、お客様が想定しているもの以上のものを価値提供できないからです。目的を考えるには、お客様の想いを聴き相手視点に立つことや、お客様・会社にとって何が必要かを自分で考えることが重要です。難しいですが、日々やりがいを感じています。若手のうちからチャレンジできることが多く、難しいこともありますが、その分成長できる環境です。
社員イメージ
社員イメージ
私が感じるファーストキャリアの
社風

「何事も真剣で
全力投球!」

「何事も真剣で全力投球!」

私自身はファーストキャリアに入社してまだ間もないのですが、入社してみて一番感じていることは「誰一人として手を抜いて仕事をしてない」ということです。
様々なバックボーンの人たちが共存する環境ですが、共通して一人ひとりがお客様のためにはもちろんのこと、社内プロジェクトなどでは自分たちのために取り組む姿も真剣そのもの。
また、オンとオフのメリハリをしっかりつけて働く社風でもあるかなと感じています。コレを言うのは簡単ですが、実践できていることは本当に凄いですし、見ていて気持ちが良く、心から尊敬しています。
社員イメージ
私が感じるファーストキャリアの
社風
社員イメージ

個性派!だけど
心底「人」を大事にする

個性派!だけど心底「人」を大事にする

FCには色々な社員がいます。個性豊かです。
誰1人として同じような人がいないのではないでしょうか。
全員、仕事に対して、お客様に対して、仲間に対してとても真剣です。本気です。

心の底から、仕事のこと、お客様のこと、仲間のことを思い、
自分には何ができるのか?常に考え、追求する。
それがFCの社員です。

皆で一緒に楽しくランチをすることもあれば、1つの議題について厳しくディスカッションをすることもあります。

優しく、しかし本当に仕事、お客様、仲間を思うからこそ時には厳しい。
それがFCという会社です。

私はFCという会社を、社員の方々を、心から尊敬しています。
社員イメージ
私が感じるファーストキャリアの
社風
社員イメージ

私が考える
「ファーストキャリア」の魅力は
大きく3つあります。

私が考える「ファーストキャリア」の魅力は
大きく3つあります。

1)事業コンセプト「若者が変わることで、社会の未来を変えられる」
「社会的意義の高い仕事がしたい」「人や組織の成長を支援したい」という想いを叶えることができる仕事です。

2)働き方「既成の手段にとらわれず、豊富なプロと共創して目的志向で働く」
「決まったことを手順通りやり続ける仕事」が苦手な人にとって、周囲と切磋琢磨し、創意工夫しながら目的にのみ忠実に、楽しく働ける環境です。

3)社風・メンバーの人柄「多様性を受容し、認め合い、助け合う」
「何をやるか」も大切ですが「誰とやるか」も大切。個性も主張も違うメンバーとストレスなく議論できる社風、個人の生活も大切にし合いカバーし合う人柄のメンバーです。皆よりやや年上の私にも温かく接してくれます(笑)

「社会への貢献」「組織の成長」「個人の幸せ」をバランスよく極められる会社です。
社員イメージ
私の夢
について
社員イメージ

いくつになっても
ワクワク出来る大人に!

いくつになっても
ワクワク出来る大人に!

当たり前の事ですが、今日という日は残りの人生の最初の一日だということを忘れないようにしています。小学生の子供を持つ母として仕事もプライベートも欲張っています。子供は私の宝、働くってとても楽しい。仕事とは社会に貢献する事だと考えています。そんな私の姿勢は子供に対する最大のキャリア教育だと思っています。私の座右の銘は ‘Happiness is the choice’ 幸せになる為の選択をする、自分の人生に責任を持つという事です。いつもどんな時もいくつになってもワクワク出来る大人でいたい。ご縁を大切に、楽しみ、繋いでいく。その先に自分の存在が世の為、人の為になるように、いつでも誰かの背中を押せる人でいたい、それが私の夢です。
社員イメージ
社員イメージ
講師との
エピソードについて

「人が成長する原体験」
を創る

「人が成長する原体験」を創る

私は研修を「成長する原体験となりうる場」だと思っています。
1日の研修を経て、「現場に戻って、○○を実践していきたい」「これまで気づかなかった●●なことも、今日1日を通じて気づけて出来るようになった」という言葉を受講者から聞けると、「やってみよう」「出来た」という実感を受講者に与えてくれた講師に、感謝の念が湧いてきます。
ここまで至るために研修前の準備段階だけでなく、研修中も私たちはお客さまや講師とのコミュニケーションを欠かしません。
受講者の成長を一心に見つめて、「原体験」を一緒に創っていく、そんな瞬間を私たちと共有していきましょう!
社員イメージ
社員イメージ
プライベート
過ごし方

モチベーションの源泉は
食にあり

モチベーションの源泉は食にあり

プライベートの充実が仕事の充実にも不可欠だと考えています。だからこそプライベートでは「美味しいものを食べること」に注力しています。「美味しいもの」は仕事を踏ん張るためのモチベーション。そんな私にとって、土日は食欲を満たすための絶好のチャンスです!自炊する時は、料理家さんのレシピや、お店で食べた料理を参考にして作っています。最近はスープカレーがブームです。長期休暇は旅行がてら、美味しいものを食べに行きます。先日は函館に行き、イカの刺身を堪能しました。ファーストキャリアは食通の人が多いので、美味しいお店にランチに行ったり、仕事終わりに飲みに行ったりするのも私のモチベーション維持には不可欠です!
社員イメージ
自己啓発支援制度
やったこと・成果
社員イメージ

止まらない
学習意欲と私

止まらない学習意欲と私

これまで自己啓発支援制度を利用し様々なセミナーや講演の受講機会を得ることができました。
世の中の流れやトレンドを幅広く入手したいと思った時には、各著名人による定期講演会へ入会しましたし、初対面の方により好印象を与えたいと思ったときには、演劇を基にしたコミュニケーションセミナーにも参加しました。また、最近では、大学院のMBA講座を単科受講するなど、その時々の自分の課題感や興味に合わせた学習を行うことができています。
なお、弊社では各種セミナー情報についての様々な知見がありますし、時にはパートナー講師から紹介してもらうことなどもあるため、学びたいといった意欲に応えられる環境だと感じています。
社員イメージ
プライベートの
過ごし方
社員イメージ

子育ても教育も
コミュニケーション
から始まる

子育ても教育も
コミュニケーションから始まる

私には13歳と11歳の娘がおりますが、まさにプライベートでも人材育成に携わっているという実感を日々感じています。
当然ですが2人とも考え方や個性も全く違うので、それぞれのコミュニケーションスタイルを分析して、こちら側からの伝え方などを工夫してコミュニケーションを取るようにしています。
以前私は企業の人事部で教育の仕事をしていましたが、社員教育も子供の教育も基本的には同じなのではないかと思っています。
今後もファーストキャリアの仕事を通して人の成長のサポートができるように頑張りたいです。
社員イメージ
社員イメージ
プライベートの
過ごし方

「子育て」で
人材育成を実践

「子育て」で人材育成を実践

当社の企業風土の1つに「目的志向」という考え方があります。マネージャーの指導も、すぐに答えを教えるのではなく、目的だけを示してまずは本人に考えさせる、そうして部下の自立を促していきます。
私には11歳の娘がいるのですが、彼女とのやり取りでもこの「目的志向」を活用しています。
先日も「バレンタインに手作りでクッキーを作りたいから教えて」と言われたので、「誰にあげたいの?プレゼントして相手にどうなってほしいの?」「友チョコ?それとも本命?」「相手はチョコとクッキーどちらが好きなの?」 といったように、様々な角度から質問を投げかけて物事を深く考えるキッカケを与えています。また、準備物や段取りも最初から教えず自分で調べるように促したり、やってあげるのではなく極力手を出さずサポートに徹することで、子供の自主性を育てることを意識しています。
その甲斐あってか、最近は自分で新しい料理を覚えたり、家のお手伝いなどしてくれるようになりました。
社員イメージ
社員イメージ
社員同士の関係
について

「成長しあえる
メンバーです」

「成長しあえるメンバーです」

和気あいあいと楽しむ時は楽しみ、やる時はしっかりやりきる、苦楽を共にできる仲間がそろっています。
普段はお客様の為、受講者の為、会社の為に一丸となって仕事に取り組み、時にはシビアなやり取りもあり、目標達成の為に全力で駆け抜けるメンバーがそろっています。熱く議論を交わすこともありますが、その直後には笑いあっている笑顔の多い職場です。新しく入ったメンバーにも馴染みやすい、ゆる~い空気も流れています。大変なこともありますが、一緒に乗り越えようと思える仲間たちです。
楽しく働きながら、成長し続けることができる環境だと思います。
社員イメージ
チームで働くこと
について
社員イメージ

感情を受け止めあえる
仲間たち

感情を受け止めあえる仲間たち

チームで働くということは、一人よりも成果も学びも大きくなります。
喜びは何倍にもなり、悲しみや悔しさは一人で抱えるより小さくなります。お互い助け合いながらチームの目標を目指すなかで、結束力も高まりますしメンバーの為に頑張ろうって思えます。
困ったときはお互い様、嬉しかったことはすぐにメンバーに話したいって思えるような暖かいコミュニケーションができる組織を目指したいです。
社員イメージ
社員イメージ
私が感じるファーストキャリアの
社風

若手育成は未来を創る

若手育成は未来を創る

社員皆が人の成長に貢献したい、良き社会・未来をつくりたいという想いを持ってお客様に向き合って仕事をしています。若手社員の育成は、未来を切り拓く人を育てることであり、社会にとっても意義の大きい仕事です。お客様と同じ目的のもとに、一緒にお仕事をさせていただけることは、お客様の大事な社員をお預かりするという大きな責任もありますが、その成長・変化を目の当りにできるため、大きなやりがいも感じられます。私自身もこの仕事を通して、考え方の幅が広がりましたし、だからこそもっとシゴトができるようになりたいと思っています。
社員イメージ
私の夢
について
社員イメージ

若者が元気になれば、
日本が元気になる!

若者が元気になれば、日本が元気になる!

私は、キャリアの大半を若手の人材領域に関わる仕事で過ごしてきました。様々なご縁に恵まれ、いくつかの会社で仕事をさせていただいたのですが、一貫して抱いている想いがあります。それが、「もっと世の中を元気にしたい。そのためには、若者が元気になれば、日本が元気になる!」という想いです。学生時代にアジアの国々を旅行していた時に、国や街全体が若者の熱気や活気に溢れている様を目の当たりにし、衝撃を受けました。と同時に、日本が成長し続けるためのヒントだと感じたのです。仕事を楽しみ、成長し、豊かで明るい人生を送る。そんな人が一人でも多く増えるためのお手伝いをしたいと考えています。
社員イメージ
社員イメージ
社員同士
関係について

一緒に仕事をして
気持ち良い関係です

一緒に仕事をして気持ち良い関係です

ファーストキャリアに入社して最初に感じたことは、一緒に仕事をする上でとても気持ち良い関係が築けていると感じました。「気持ち良い関係」とは、みんなの強み、弱みも受け入れて、お互い助け合いながら仕事を進めていくことができることです。私はファーストキャリアが3社目ですが、ここまで気持ちよく働くことができるとは正直思いもしませんでした。みんな性格も違うし、大事にしている価値観も異なりますが、それもひっくるめて一致団結できるのがファーストキャリアの良さだと思います。
社員イメージ