株式会社ファーストキャリア (FIRSTCAREER)
ファーストキャリア

CEO MESSAGE 代表メッセージ

今、「若手育成」の在り方が変わっていく、その転換点にきています。

これまでは「若手は未成熟であり、育成する対象である」という前提で、「若手育成」という言葉が遣われてきたように思います。しかし、近年、「若手育成」そのものの意味が変わりつつあります。

現在の日本では、企業に入る若手は「その固有の“企業の人”化する」=「育成すべき真っ白な対象」と捉えられがちです。では入社したての若手が本当に「真っ白」かというと、実際は白い部分もあれば、これまでの人生における経験や人脈で良い色がついている部分もあります。特に近年の若者たちは、学生時代から海外でインターンをしたり、NPOの活動に参加したり、SNSを通じて多くの人に出会ったり、人それぞれのさまざまな経験を積んできています。若手は、今すでに持っている色を活かし、企業という場で力を試していくことで、塗られていないピースに色がついたり、すでにあった色もさらに変化したりして成長していく。そのように若手のうちから個のタレントを活かした育成のあり方が、今までよりも加速度的に求められてきています。

ではその「個」のタレントを活かした若手育成を実現していく上で、企業はどうあるべきなのか。それは、未知のものにチャレンジできる環境を作り、失敗しても見守り、組織的にカバーして、次のチャレンジの機会を作れる、そういう「器」であるべきだと考えています。一個人でやるよりも濃密な経験ができるように、人脈やリソースを提供したり、新たな興味関心のキッカケを示したりして、個が価値発揮できる場を整えていくことが今の企業には求められています。そして、企業やそこで働く人たち自身も若手と共に挑戦し続ける側に立つこと。育成側の姿勢も大きく問われています。

資金と人脈、世の中への影響力もあるリーディングカンパニーだからこそ、若者たちが思う存分力を発揮できる。私たちは、これまで大企業、日本をリードする企業に入った若者が、その後羽ばたけるために、どうしたら良いファーストキャリア期を築けるか、ということをお客様と共に考え、ご支援してきました。これからの世の中は、どのように若い力を活かしていけるのか、企業も社会も一人ひとりその在り方が問われていきます。その発展をサポートする仕組みの在り方をアップデートし続け、企業と若手の成長を偶発から必然に変えていくことが、ファーストキャリアのミッションであり、存在意義だと信じています。

株式会社ファーストキャリア
代表取締役社長 瀬戸口 航

PRINCIPLE 瀬戸口のこだわり

「個」と「器」とは
これからの世の中では、今よりもっと一人ひとりの「個」が際立ちます。「個」の影響力はより大きくなり、「社会」とのつながりもよりダイレクトになっていくでしょう。しかし、「個」は儚くもあります。個が、さらに際立ち、個だけでは成しえない活躍を成し遂げられる「器」が企業であると思います。そういう器になれない、器ありきの企業は淘汰されていく時代になると思います。私たち自身も、ご支援しているお客様と共に、そういう「器」でありたいです。 閉じる
「若さ」とは
年齢だけではない、と考えています。常に、何かに挑戦していたり、何か修練途中であったり、まい進していること。それは仕事やプライベート、どんなフィールドでもいいし、大きなことではなくてもいいです。新しい領域を広げ、それを誰か、何かに還元していたら、それは若さを現していると思います。

若さがみんなのものであるのであるならば、学びは一方通行ではなく、年齢を重ねた人も、若い人も、お互から触発されるし、学び合える。育ち、育む、協育の場が広がっていき、双方にとってより良い環境が創られていきます。 閉じる
「カッコいい若者」とは
若者たちに希望を与えたり目指したい背中となるような“カッコいい大人たち”が少なくなった、という話も聞きますが、私自身さまざまな活動を展開している中で、企業のみならず行政や自治体にも、大都市圏だけでなくそれぞれの地域にも、なんとカッコいい大人たちがたくさんいるんだろう、と感じています。
そのような、若者がすごい、カッコいいと思う大人はいる一方、大人から見てカッコいいと思う若者は意外に少ないと思います。一部の起業家やスポーツ選手、エンターテイメントの分野など、メディアの中にはいますが、会社の中にそういう若者がいるかというと、まだまだ少ない、というのが実感ではないでしょうか。

私は、学生起業家たちとも積極的に関りを持つようにしていますが、「まだ20歳なのにこんなビジネスを興してすごいなぁ」と関心している自分に気づきました。そこには“20歳なのに、まだ若いのに”という枕詞があり、無意識に上から目線で見ている自分に気づいたのです。カッコいい若者が少ないのは、私の事例にあらわされるような、上の世代の“歪んだものの見方”がひとつの原因になっていると思います。当然ながら、時間の積み重ねも重要ですので、絶対数としても少なかったり、そのような若者たちが出現しにくい社会システムや慣習があったり、いたとしても出会うルートがなかったり、いろいろな理由もあると思います。

私は、大人がカッコいいと思う若者を増やしたい。

カッコよさとは、逆風を恐れない勢い。本当に良いと思うものを良いと言い切って真っ直ぐに進む推進力。知らないものに対して、素直に学び取ろうとする姿勢。小さい損得ではなくて、世界のために、地球のために、とフラットに本気で考えられること。未完成ゆえの魅力をもっと発揮し、大人が本気でカッコいいと思う若者を増やしていきたいし、企業の中でも育てていきたいです。 閉じる
「挑戦」とは
挑戦というと、上のステージへ、何か大きなことを成し遂げなければいけない、という気がしてしまいがちですが、目の前のことに没入して成す、ということが挑戦だと思っています。新しいことをやることだけが挑戦ではない。そう考えると、多くの企業が挑戦する場を創れると思います。「うちは新規事業1割であとは既存事業9割なんです。挑戦する場が与えられないんです」とおっしゃる企業様もありますが、今ある事業の中でも、当事者意識をもってやり切ってほしい、と任せられる部分はあると思います。それも挑戦です。企業の中でも、もっともっと挑戦の機会は作れると信じています。 閉じる

COMPANY 会社情報

CONTACT

各種ご質問やご相談については
下記よりお問い合わせください。